FC2ブログ

CaramelAntique |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 染衣よしの on  | 

ボクガール「ボクの感触」「ボクの風紀」

拍手をありがとうございます!
いただいたコメントにつきましては一つ前の記事にて返信させていただきました。

先週はちょうど?ボクガがお休みで、時間もあったので、レビューを書きました。
やはり、待ちに待った猛×瑞樹♀回ですから、ファンとして頑張ろうかと(*ノノ
「ボクの先輩」までにアップしたかったんですが、結局、時間切れで今になってしまいました><

続きからレビューとなりますが、ボクガールならびに猛×瑞樹♀がお嫌いな方は閲覧をご遠慮ください。
ご気分を害しても責任は取れませんので。 
 









一文字猛はラッキースケベが良く似合う。


「ボクの感触」回で、真っ先に思った感想がコレです。

私がボクガを好きな理由は、いつかどこかのレビューにも書きましたが、
ヒロインの瑞樹と相手役の猛が、私にとってどんぴしゃのタイプだからです。

特に猛はカッコイイ。
いわゆるハーレム漫画にありがちな(私の偏見あり)、どこにもてる要素(魅力)があるのかも分からず、
どのヒロインに対しても、ええかっこしいでイライラさせられるだけの優柔不断な主人公♂ではなく、
硬派で常識もあって兄貴肌で頭も良く、ワイルドで筋肉質で(私は草食や優男よりゴツイ体格が好きです)
ブレることなく瑞樹一筋(これ一番大事!)な彼は、正に理想の彼氏なのであります。

で、瑞樹も大好きなヒロインなので、好きなキャラ同士、相性もばっちりだし、彼らのイチャラブが楽しくて、毎週YJを買って、コミックスも集めてるんですけどね。

とにかく、私にとっては猛がヒロインとToLoveるのは嫌味がなく、むしろウエルカムだし、
自分からエロいことしにいくタイプじゃないから、まさにラッキーなスケベを享受してもらわなきゃ
話が進まないんだけど、これまたイイやつだから、それも許せちゃうし、
硬派な男だからこそ、瑞樹の官能の蜘蛛の巣(なに言ってんだ私)にとっ捕まって堕ちていくのが
愉しいというか、ええああもちろん純粋な気持ちで、猛と瑞樹との絡みはどちらも幸せそうなので、
見ていてほほえましいからというのもあるんですけどね。(長
エロいけど、それが更にイイのです。

そんな感じですから、先々週の猛による瑞樹へのセクハラも素直に楽しめましたし、
いいぞもっとやれっていうか、あれはそもそも。

瑞樹の誘い受けだからね?w

猛は悪くない。

うん。

前半はw


とりあえず久々ですが、割と細かく順を追って見ていきたいと思います(笑)

まずは「ボクの感触」からですが、その前の「ボクの体の仕組み」について、猛が面白すぎたので、
少々ふれておきます。

ロキに唆された形で、男子寮の猛の元へ赴いた瑞樹ですが、朝生から告白されたことを、彼に裸を見せた理由として、猛に報告します。

それに対する猛がめちゃくちゃ動揺しすぎて草不可避w
ゴリラなのにかわいすぎます、猛さん

大事な話ってなんだよ、まさか朝生と付き合うことになった報告かよ(恐)
と、青くなってた猛ですが、瑞樹の否定により、一応は落ち着くんですが、落ち着くんですが!
「僕にも好きな人がいるから」というお断りの理由に、ちょっとしゅーんとなっちゃうんです。

当然、この瑞樹の好きな人=夢子のことであり、猛もそれは分かっているのですが、やはり本人にはっきりと
口にされると(何度目であっても)、へこむんですよ。だって、猛は瑞樹のことが好きだから。
ああ、やっぱりまだ藤原のこと好きなんだな(残念)って。

その事実を突きつけられたときの猛の表情が、ちょっと悔しそうじゃないですか。
頭では分ってるんだけど、気持ちの上では分りたくないっていうか。

でも、その後の彼の対応は、今までの彼とは少し違ったんですね。

「俺だって、お前が元に戻りたい気持ち、よく分かるけど。分かるけどな」
「そんなにそのまんまが嫌なのか?」
「言いたかねぇけど、これから男に戻れるかもどうかもわかんねぇじゃん・・・」


これ、彼なりにすごく勇気を出して、言葉を選んで考えて(時計が静かな時間の経過を表現してましたね)言ったと思うんですよ。

まずは、自分は変わらず瑞樹の理解者であることを断った上で、男性に戻れないかもしれない可能性(現実)もあることを指摘し、女性として生きる可能性を仄めかしているんです。

今までは、猛は瑞樹の親友として、かれの気持ちを慮って男性に戻ることを応援し続けてきたんですが、
ここにきて、猛の心情を少しずつ変えてきたものが、ついに表(口)に出たのでしょう。
つまり、瑞樹への恋心ですね。

そして、こういったセリフが出てきたのも、猛は瑞樹を朝生に取られそうになったこと以上に、
そのストッパーになった瑞樹の夢子への想いに引っかかったからではないかと思いました。

要は、猛はそうまでして瑞樹に想い続けられる夢子に嫉妬したのではないかと。
朝生をフッたのは自分(猛)のためではない。夢子のため(彼女への好意ゆえ)なのだと。
だから、上で書いたように、ちょっと悔しそうな表情をしたんですよ。
(瑞樹も答えを言う時のもじもじ具合から、猛への想いも理由としてあったかもしれませんが、猛は瑞樹の気持ちに気づいていないので、これについては彼は考慮していません)

そこで、猛は、瑞樹が男性に戻ることを諦めてくれれば、夢子への想いも消える(諦める)と思ったんじゃないでしょうか。

でも、そう思ったとしても、猛の気持ちもわかりますよ。
だって、彼は女の子の瑞樹に惚れてしまったんだもの。女の子として愛したいんですよ。
何のわだかまりもなく、瑞樹に女の子として生きてもらって、朝生に出し抜かれることもなく、自分こそが瑞樹と付き合いたいんですよ。

これまでは、瑞樹の親友(理解者)という立場が崩れるのを猛自身が恐れていました。
しかし、今回の彼の言動からも分かるように、もうそれに拘らなくなってきたのかもしれません。
つまり、それだけ、瑞樹♀に執着するようになってきたんです。それだけ好きになってきたんです。

「だから・・・」
だから、女として生きてみるのもアリじゃないか。
瑞樹が遮らなければ、そう言いたかったんじゃないかなと。

でも、瑞樹の方は不幸な目に遭った当人ですから、他人の無責任?な一言に簡単に承服することはできず、怒って四の字固め(笑)を猛にお見舞いするわけですが、触れ触れってアンタ。。。w

猛の方は体育館倉庫の出来事を反省(カッコワライ)してるからか、瑞樹の挑発に乗るまいと必死ですが、瑞樹の方はセクハラされた側の割には無防備というか、学習してないというかw
まあ、男体に戻っているという自信があるからでしょうけど。

とにかく、「信じてもらいたい」という理由から、身体検査を猛に迫る瑞樹。

しかし、ロキの言葉(暗示)は、瑞樹に覿面に良く効きますねw
やらかした本人だからこそ、事情はすべて知ってるし、篭絡も簡単にいくのかな。
言霊みたいに、魔法みたいに瑞樹を思うがまま操ってますものw


さて、ここから「ボクの感触」レビューにようやく(笑)移りますが(結局長くなってしまったw)、
瑞樹は誘い受けの常道としてガンガンに押して攻めて、猛を誘いまくりますw

あざといけど(笑)可愛いから全然オッケーですw

最初はソフトタッチ。
お次は簡単に手もみ。


まあ瑞樹のは確かにちっさいので、わかんないのは仕方ないですね(
あのガーンは、男だと確認してもらえなかったのと、小さいお胸という事実を突きつけられた哀しさと半々だと思ってますw

そこへお邪魔虫な七太郎登場ですw
でも、彼のお蔭で、瑞樹は猛に密着できましたよw
相変わらずいい仕事をしてくれる男です。さすが七太郎W山田。

七太郎の瑞樹センサーは高性能で、ちょっとめくればすぐそこにいるんだけども、そうしないのもお約束(笑)

その間、瑞樹は猛の胸板に顔をうずめて、ドキドキぎゅっですよ。
なにこのこかわいい。

そうだよねー
好きな男性(ひと)の胸に密着して、心臓の音聞いたりするの至福だよねー

もう好きなんじゃん自分(みずき)。

しかもムズムズってなにw(胸とお尻ってのがこまかいw)
まさか最後のアレへの伏線?ww

猛もあんまり瑞樹がひっつくもんですから、どきどきしちゃってますよ。なんて美味しい。

ここでフラッシュバックするロキのセリフ。カンフル剤。

「あなたが変化したきっかけ。それはズバリ恋なのデス」

よく言うよ元凶がw

でも、瑞樹はその事実を知らないですから、マジで猛に恋したことで女体になってしまったのか自問自答、
必死に自分の気持ちを否定しています。

ロキの言うことが正しいならば、猛への気持ちが女体化を引き起こしたわけで、その原因たる気持ちを認めたくないんですね。

女の子にならない方が正しいに決まってるって、つまり男性だった自分が同じ男性である猛を恋愛対象としてみていた可能性=HOMO(瑞樹のいう悪いこと)を否定したかったんですね。

とにかく往生際が悪い瑞樹さん(笑)

さらに触れってよw

自分のことを信用できないのかとかさ。
それ、私と仕事どっちが大事なのとかいうアカンやつと、なんか系統いっしょなセリフかもしれないw
信用を盾に取られたら、猛さんだって応えるしかないじゃ~あ~りませんか。

そんでおっぱいの復活なわけですね。

個人的には、猛の胸できゅんとなっちゃったところで女体に戻っちゃったんだと思うなあ。
胸のあたりがムズムズもたぶん、そうなった後だと思う。

とにかく、猛の手つきがいやらしい。
いいぞもっとやれ。


回を追うごとに凝ったことするようになってきますなあ。。
素晴らしい。GJ><b

とにかく、猛からしてみれば、瑞樹は女の子のままなわけで。
それを男に戻ったなどと吹聴して、さんざん猛を煽ったんですから、猛が青筋立てちゃうのもわかりますw

「男だからっておちょくって」ってね。
そりゃあ、女の子から、ほーれほれほれ、おっぱい触ってみろなんて言われたら、嬉しいかもしれないけど、
屈辱にも感じちゃうでしょうなあ。

うわすごい。吸っちゃったよ。

告白もまだなのに、なんだこのイチャこらカポーはw

二人がエロすぎる。
瑞樹の反応も恥じらいと初々しさがあっていいし、猛も頬染めて恥ずかしそうなわりに、
しっかり瑞樹のほっそい腰抱いてますよ。
がっちりつかんで離さないですよ。

そうなんです、私、このカポーの圧倒的体格差も大好きなんです。
猛は硬そうで瑞樹は柔らかそうで良い。すごく良いですよーvvv

「ちょっと。僕はおっぱいなんか出ないぞ。話聞けよ」って。

なんてマヌケな台詞だw

そら~赤ちゃん産まないと母乳は出ないけどさ。。。
この場面においては、それじゃないだろうとw

でも、気持ちいいんだw

「男が男にこんなことされてヤダよ」と。

まあでも本心でしょうねえ。
元々男性だったし、男性だった頃の記憶も感情も覚えてるから、ヘテロだっただけに、生理的に受け付けないでしょうね。男に性的な行為されるのって。

でも、猛をじーっと見つめて、彼もその視線に気づいたのか、それともちょっと一呼吸置いたときに気づいたのか、とにかく見つめあってたけど。

あれは、男同士の行為に一瞬嫌悪したけど、
「でも猛なら良いかな」って思った瞬間だったと思うんですね。
だから、次には「いいわけ無いだろ!!」って自分の心の中の声を否定するんです。

それに、嫌ならもっと本気で抵抗するでしょ。

そして、更に進撃の猛さん。

え?下も?w

やだ、今日はずいぶん積極的じゃないの・・・w
エロ回ではXXXまでやるっていうノルマでもあるの?
いいよいいよ、どんどんやっちゃって~~~~(^0^*

ていうか、瑞樹はさわったことないのかw
お風呂とかどうしてるの・・・?w

それはともかく、猛への恋愛感情論をいっしょうけんめい否定する瑞樹さんw
今までのお話を見ていて、今更感ぱないですがw

なんつーかあれですなー・・・・w

女の子が一番大事な場所を触られて感じるってことは、その人のことが好きだっていう何よりの証だと思うよ・・・w
まあ一部では、特別な好意を持たない相手と寝られる女性はいると思いますけど。

この場合は、恋愛初心者で純情初心な瑞樹さんだからねえ。
誘い受け+調子に乗っての流れだけど、これ和姦でしょ、完全にw

最後は七太郎のお邪魔が入ってしゅ~~りょ~~でしたが、次のToLoveるは、ついに指をゴフンゴフン。
二人とも建前と表向きは「男同士の友情」に拘ってるけど、これまでも含めて、やってること完全に
男女の秘め事なんですよねえw

あとは瑞樹の気持ちの整理(夢子のことは諦めて、女の子として生きる)さえつけば、猛も受け入れてくれるでしょうし(瑞樹さえその気になればオールナッシン)。

ただし、最後にロキによるネタバレw

夢子を意識すれば男に
猛を意識すれば女にィ?w


なんてやっかいなw
面倒くさいねーw

でも、男性に戻ったりすることで、夢子との関係も深まりそうですね。
でも、そっちはあくまでもプラトニックな方向でいくといいなあ。
だって、瑞樹♂×夢子のエロってあんまり需要無さそうな気がしなくもなくて(小声

瑞樹も何気に夢子とは体を密着させたり、キスとかしたりしてるんですけどね。
比べて猛との方が性的過ぎるんですよねw
でもぶっちゃけ、そっちの方が瑞樹が輝くというかw


さて、お次の「ボクの風紀」回では、新キャラ(レズ)が登場してきますたw

前段にて、寮室での恋のCマイナスwなトコまでいっちゃった猛と瑞樹ですが、掲示板の写真を見てるシーンでのやり取り。

瑞樹が男装をしてきたことに驚く猛に対して、説明する瑞樹。
瑞樹としては、前の夜にロキに再び煽られて、猛を意識すると女体になってしまう可能性にびびって、
男子生徒の制服という名の鎧を着て、心の武装を図ったんですね。
ボクは断じて猛を(異性として)好きになったんじゃない!って。

まあ元々ロキの仕業と知らない瑞樹としては、ダンスィの頃から猛を恋愛対象として見ていたから、女体になってしまったという推測になりますから、自分はホモじゃない!っていう主張なんだと思うのですが、
猛としては、そんなのは与り知らぬことで、彼は彼で、瑞樹が男だと言い張るのを制して女扱いして、思うぞんぶんペッティングしまくったので、その罪悪感?から「気にしちゃってるのか」って聞くわけですね。

なんかああいうことまでしちゃった仲のわりには、それぞれの反応が割とのんびりしてるというかw

さらに「一文字くんと何かあったの?」と、あどけなく(危機感なくw)問う夢子の、
精神的立ち位置の遠さと来たらw

この二人、キスどころかBやってC寸前までいってますからぁw

知らないことって、現実って、残酷だよなあw
二人の関係がどれだけ進んでいるかについては、夢子は完全に蚊帳の外です。

知ったらそれこそショックでしょうけどね。
夢子の本命は(今のところ)猛だし、最近は瑞樹のことも気になってるしね。

さて、レズの今井先輩ですが、以前にも一度出ましたよね。

あの時はあのツンツン具合に、朝生君に片思いしてるキャラか、それとも逆に瑞樹が好きなレズキャラかどっちかと思ってましたけど、多彩なキャラが出てくるボクガにて、ついにきた真正レズ様のご登場なわけですね。

七太郎の婚約者である珠子は一応、本命は七太郎ですし、瑞樹はあくまでお姉さまキャラとして慕う対象ですから、しいて言うならソフトレズで、こっちの今井先輩はガチできてそうですね。

しかも性格的に思い込みも激しそうだし、他者に容赦無さそうですので、一波乱も二波乱も期待できそうですねw

しかし、変態ぶりは瑞樹の父親にものすごく通じるものがあるので、コレクター魂とかねw
案外、瑞樹パパと話が合いそうですし、あの親父なら、男に取られるくらいなら、相手が女の方が良いとか言って、今井先輩(あるいは夢子)となら交際認めそうなw

とにかく、(アオリによると)危ういのは猛のエリンギなんですかねw
あのハサミは何を示唆してるのか・・・

ていうか、猛のはエリンギじゃなくてオリンポスなんでしょw
なんてまあ峻険として神々しい御山だことw

あと、珠子が学園祭にて、しっかり木の役を演じきって、そんな自分にも満足してる姿を見て、
めっちゃ健気で好感度上がりましたよ
女の子に木の役はないでしょ~~~ロキ先輩、それってかなりイケズですよ。。

でも、めげずにちゃんとやり通すところに、ギャグとはいえ、珠子を好もしく思いました。
ポジティブでいいよね。

ちなみに、瑞樹との関係が、Hぃ方向でどんどん進んじゃってる猛と比べて、出遅れ感ぱない夢子さんですが、しっかりと着実に瑞樹と友好を温めていますね。
(猛×瑞樹が青年向きなら、瑞樹×夢子は少女漫画なかんじw)

瑞樹の気持ちageはもちろん、夢子にも、ほんのりはんなりと淡い恋心が芽生えてきているような。
この辺も、じっくりと時間とお話をかけて積み重ねられているので、素敵だなあと思いました♪


ではでは、長々とすみませんでした。

「ボクの先輩」も読みましたが(その前にこのレビューをアップしたかったんですが><)、
とりあえず時間がないので、ここまでとさせていただきます。

今後の展開が気になります。
次回もとっても楽しみです。

わくてか。
 
Category : ボクガール
Posted by 染衣よしの on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。