FC2ブログ

CaramelAntique |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 染衣よしの on  | 

銀魂、というか銀月について(11/9時点)

親記事はこちらです。

リアル生活が忙しく、しばらくレビューを書く余裕がありませんので、
お茶濁し11/9現在、銀魂、というか銀月について思うところをば。

続きは以下にたたみます。
銀月に関する萌え語りとなっておりますので、同CP、月詠がお嫌いな方は閲覧をご遠慮ください。
ご気分を害しても責任は取れませんので。
 
 

 
 
 
 
 
WJは怒涛のシリアス展開で、月詠のつの字も出てこない状態ですね。
でも、私は月詠にも、ちゃんとした見せ場が必ず用意されていると信じております。

むしろ、この銀魂という作品の終章(と思われる)シリアス展開だからこそ、
その前によくぞ愛染香編でもって銀月ageをしてくれたものだなあ
と、ますます空知先生を応援したくなりましたですよ。

これまでも、主要な女性キャラである神楽、お妙、さっちゃんには、因縁の深い相手(沖田、近藤、服部)との絆を再確認させるようなエピソードが続きました。
(この点、九兵衛に関しては、彼女に一番近い異性キャラは、どうあってもギャグにしかならない東条なので、掘り下げも特になくて可哀そう)
その絆が恋愛に至ろうか至るまいが、それぞれがたぶん、銀時以外の男性として、切っても切れない縁のある相手だと思うのです。

そして、月詠の場合は、銀時以外どころか、銀時しかいないんです。

さらにその銀時とトラブルがらみとはいえ、作品としては珍しい(これとても大事)、ほかの主要女性キャラには無かった、銀時本人からのアピールが詰まった恋愛エピソード(ここも大事)を空知先生が用意してくれたのですから、自分的には銀時のヒロインは月詠に決められたんじゃないかなあと勝手に思っております。

でも、それを今後、あからさまに誌面上でアピールされることはないと思うのです。
商業的な意味でも、銀時はみんなの銀さんですから。(メタァ

でも、あからさまじゃないってだけで、あとは銀月ファンが、じっくりねっとりばっちり食いついて、掘り下げて萌えて楽しめば良いと思っています。

今は銀時が過去と向き合い、真なる敵と対決し、硬派なプライドをかけて闘っているところですから、恋愛で茶々入れるところじゃないんです。たぶん。
銀時はわが身を顧みず、いつも血だらけになるまで闘ってしまう人ですが、月詠はそんな彼の戦力にもなれて、精神的な支柱にもなれる娘だから(メンタルは月詠の方が強いと思う)、おそらく、今後ますますボロボロになるであろう銀時を心身ともに守ってあげてほしいと思います。

ちなみに愛染香エピソードのことは、今後のお話しの中でも引きずらないと思います。
最終的にはあれ、両片思いを示唆してるんじゃないかなあと今は思っているからです。
(対となる蛍と大工もそうでしたからね。でも、最終的には結ばれるんですよ)

月詠は銀時のことが好きだと自覚したけど、素の彼が言ってくれた言葉だけで嬉しい、密やかな気持ちのままでもいいやって自己完結してしまって、銀時は頑張って(笑)自分の言葉で告白したんだけど、やっぱ鈍感で控えめな月詠には届かなかった(煙でうやむやにされちゃった)みたいなw

だから、結局、気持ちが通じたのかどうかわからなくて、銀時は余計にイライラしたんじゃないかなあとか。
ただ、銀時の場合、無自覚に言ってる可能性もあるので、油断はできません(笑)
でも、無自覚であっても(物語の結びとしても)、それは「月詠は自分にとって特別な女性」という本音であると私は解釈しています。

まあつまり、そんなですから、お互い好きあってるけど、実はまだ進展していない=両片思いな状態で、
今回で月詠が恋心を自覚したのは進歩ですが、彼女はそれを内に秘めちゃいましたから、
月詠は素直になれないし(性分)ならないし(秘める)、銀時はそんな彼女への距離感を、今まで通り模索し続けるんじゃないかなあと。
もちろん、銀月ファンとしては、少しでも二人のイチャイチャなエピソードがほしいですけどね(笑)

お願いします! 空知大明神様!!!!

また、私信ですが、こちらの記事「コミックス改変後の愛染香編」について」が拍手100回Overとか、
当サイトでは、今まで見たことのない数字になっておりましたw
(拍手送信の無制限設定はしない仕様にしてます)
驚きとともに非常にうれしい気持ちでいっぱいです。

ぽちぽちくださった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

この場を借りてお礼申し上げます。

今後も銀月を一緒に愛でることができましたら幸いです(^^*
というか、そのうち本誌による燃料にて、ご一緒に祝杯を挙げられる日がくるといいなあなんて。

さて、月詠は今後、どんな関わり方をしてくれるのでしょうか。
楽しみですね(^^♪

わくてか。
 
Category : 銀魂
Posted by 染衣よしの on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。