FC2ブログ

CaramelAntique |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 染衣よしの on  | 

ボクガール「ボクの純情な感情」

拍手をありがとうございます!

スポンサーサイトの表示*キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
*一ヶ月更新しないとブログトップに表示されるやつ@無料ユーザーのみ

キターじゃねえですよ。どんだけ更新しなかったんだよと。
ええでも、家事育児に追われてへとへとだったんですorz

とりあえず、スポンサーサイトの表示がうざいので
YJのボクガがエライことになってたので、変にがんばってレビューを書きました。

猛×瑞樹♀が大好きな管理人による萌え語りですので、そういうのがお嫌いな方は閲覧をご遠慮ください。
ご気分を害しても責任は取れませんです。はい。
 

 
   



酔っ払い瑞樹のサービスぶりときたら。


ほんとにまあ健全な男子高校生をえげつない(笑)アプローチでガンガン責めますなあw

いいぞもっとやれ

前回を見て、「あー猛の部屋でなんかありそうだなあ。夢子も熟睡してるし邪魔者(笑)もいないもんなあ」って思ってたら、想像のナナメ上をいってましたw

いっかな硬派で純情な猛さんも堕ちますわ、あの小悪魔相手には。

といっても、よくよく考えてみれば猛さんも、

オリエンで可愛い瑞樹にムラっときてチュー
体育倉庫で可愛い瑞樹にムラっときて乳もみ


といった前科をちゃくちゃくと積み重ねてきてますからねーw

一応、基本は硬派で純情な人なんですが、欲情メーターがDONDONふれてってますね~w
しかも、瑞樹限定なのがポインツですね。

今回を読んで、しょうじき

夢子、もう無理じゃね?

って思いましたよ。

私は以前のエントリで、夢子の恋が成就するには三つの要素が重要とかきました。

つまり、①瑞樹の”後押し”と、②夢子の”努力”と、③猛の”瑞樹への想い”の三つです。

そして、今回の里帰り編においては、

①食卓で猛におかずを取ってあげるように夢子に勧める。
 (猛ママの前でやったのもポイント高し。現にママはサインに気付いた)

②A:猛の家に泊まることを主張した。
 B:努力ではなくトラブルだが、風呂や飲み会(爆)でナイスバディを披露した。

①は正直ささやかですが、地道なアプローチと、②Aでは少しでも近付きたいってことでよくがんばったと思うし、Bは意図しないトラブルではありましたけど直接的で(笑)、ちょいちょい点数を稼いだと思います。

猛もおおっ!なんて赤くなってましたけど、でもそれでも、瑞樹から揺らいだ様子がないんですね、
これがまた。

要するに、③がすでに確固たるものになっていて、今回のお話で強烈にそれが示された上、強化されたように思います。(更に①が付け焼刃程度にしかなっていないw)

だってねえw

猛にとって本命の瑞樹とセカンドキスはするわ、女になってほしい言いきるわ、
もう瑞樹しか見えてないでしょw
夢子のゆの字も彼の頭には浮かんでないでしょw

更に、それは瑞樹自身にも言えていて、かれも夢子に対する配慮も全くなく、酒の勢いで猛ラブへつきすすんじゃった(笑)
(夕飯の時はなけなしの協力姿勢見せてましたけど、今話の反動へのささやかなポーズですネ)

この状況ってなんていうか。
二人の世界っていうんですよ。
周りがもう見えてない。

詰んでますよ。夢子さん
もはや3回裏でコールド負け寸前(ry

まあ現時点でのお話なので、夢子からの巻き返しが(多少は)あると思うのですけどね。

それにしたって瑞樹のヒロイン力が突き抜けすぎていて、夢子に勝ち目が見られn・・・おっと誰か来たようだ。


さてさて。
せっかくですから、今話を(できるだけ)丁寧に追ってみましょう。

猛に命と寝るように言われた瑞樹ですが、お約束どおり”男の立場から”断ります。

まあね。絶対言い訳だよね。
二つ目のコマの、残念そうな顔(笑)
あの時、「なんで猛と一緒じゃないんだよぅ」って、目が語るってやつですよw

なもんだから、結局、瑞樹は行動でそれを示すわけですよ(笑)
自らオオカミ・・・じゃない猛のベッドへダイブしちゃうわけですよ。

この誘い受け子羊が!!!!!

それを見てドキドキする猛さん(笑)
そらぁね。好きな女の子が自分のベッドで寝るぅなんて言って、そこにごろんしてたらトキメキますわなw

でも、猛ってとことん理性の男なんだよなあw
最初だって命の部屋~なんて言わずに、自分の部屋に連れ込むこともできたのに、
ここでも、「んじゃ俺は居間で寝るからよ」って立ち去ろうとするんですからね。

で、それを引き止めるわけだ、この誘い受け子羊が!!!!!

「ダメ。一緒に寝るの!」
だって。

猛同様、私も「はぁ・・・?」ってなりましたよw

だって、もう男の子の台詞じゃないもの(笑)

あと変な理屈つけて共寝を主張してるけど、友達でもあんまり一緒の布団で寝ないですよね。

一応、私も独身時代にワンルームアパートで、泊まった友人♀と一緒のベッドで寝たことありましたけどね。
あくまで場所が無い=物理的な理由だし、男性同士だと殊更狭いでしょ。

第一、今の猛には他に寝る場所があるんだもの。

まぁとにかく、猛は「瑞樹と一緒に寝る」ということはどんなことか、赤裸々に想像しちゃったんだろうなあ。
すでに、猛の脳内では「親友(男)の瑞樹と雑魚寝する図」じゃなくて「好きな女の瑞樹と同衾する」になってるんだよねえ。

もう女の子としか見てないよねえw完全にw

で、慌てて「水でも飲んで頭冷やせよ!」ってペットボトルを瑞樹に差し出すんですけど、あれも自分自身に向けた言葉なんだろうなとw

あと「明日になったら海」って言ってますのて、海イベントもきそうで楽しみです♪

とにかく、猛にもらった水を嬉しそうに飲む瑞樹。
溢れてますよ、豪快に。

瑞樹、にここまでお酒?弱いっていうか、誘いモードになっちゃうのねえw
猛も「普段のお前が見たら卒倒もんだな」なんて言ってるけど、ちゃっかり「後で教えてやろう」とも言ってるのよねw
このドエスがw

お約束どおり、ぺろんと下半身裸になっちゃって。。w

なんて悪いコ(誘い受け子羊)だ!!!!

しかし、ここでも猛って理性が勝ってるんだよねえ~w
瑞樹の言動がおかしいことと、それがジュースに起因してるんじゃないかと考え、そして、その場を離れようとするわけですよ。
つまり、けっこう思考も行動も冷静なんですよね。

まあガタガタ体震わせるくらい、やせ我慢してるんですけどw

何を我慢って・・・
何をここまで焦ってるかって・・・

そらあ、好きな女が誘いモードで、しかも自分から下半身丸出しにしてくれれば、ゴチになっちゃいたいところだけど、そうしちゃなんねえっていう紳士としての抑止力ゆえでしょうw

でもさ、そういう猛の健気な努力をあざわらうかのように、瑞樹のようしゃのないこうげき(笑)

背中からギューv

すげえ、マジで容赦ないぞ、この誘い受け子羊は!!!

猛の精神力、500くらい削られたんじゃなかろうかw

だもんだから、猛は「いいかげんにしろよ!」「俺、男なんだぞ」(目そらし)だってさ。
かわいそうに。くくくくくく。

そこから、瑞樹と男だ女だと、いつものやりとり(笑)
ただし、瑞樹がよっぱらいのため、いつも以上に不毛です(笑)

その上、猛に付いてるのか見せろとか、
なんなんでしょう、この悪魔のような子羊は!!!

世間ではそれを痴女というのだよw
てか、「じゃあ見せて」ぐいぐいの瑞樹がかわいい。
というか、今話の小さいコマの小さい瑞樹の絵がいちいちかわいいですw

でも、いつものやりとりながら、しかもギャグ調でさらりと流しましたが、けっこう猛が大事なこと言っちゃうんですよね。

猛の「事実だろ」=「お前は女だ」ってハッキリね。

たぶん、それを聞いて酔っ払い、というかたかが外れて、必要以上に本音がダダモレな状態なんじゃないかと思うのだけど、瑞樹は嬉しかったんじゃないかな。

深層心理では女性に憧れていて、猛への恋心が最大の要因として、どんどん身も心も女性化してるから、その猛自身から「女だ」ってはっきり言われて、「ああ、ボクは女のままでいいんだ」って思えて、嬉しかったんじゃないかな。

で、女の子なら、男の子である猛にチューしちゃってもいいだろ~~~みたいな、なんだか飛躍した都合のよい(笑)酔っ払い解釈でキスしちゃったんじゃないかなぁ。

顎にチューとか、すんごいエロいんですが、なにこの子ったら!!!

猛ってば固まっちゃったじゃないのw
しかし、改めて身長差すごいなw

しかも、追い討ちでチュッチュだってw
もうやめて!猛のライフはゼロよ!!(笑)

ここで一緒に倒れこんじゃうのはお約束(笑)

・・・でも、まさか、瑞樹のあんなところが猛のそんなところへダイレクトタッチするとはおねーさん思わなんだ。

しょうじきびっくりした(@@;

てか、馬乗りってwwwwwwww

え・・・なにこれ。もう誘い受け子羊じゃないよね。
これって、誘い受け狼なんじゃないの?w

そうですよ、これこそが!
これこそが、誘い受け狼であり、それに襲われてるのが、純情童貞を散らしそうな(コラ、健全な青少年なんじゃないの?哀れな?子羊なんじゃないの???

遠い・・・
遠いよ、かつて猛が瑞樹を羊にたとえて、狼の群れに食われるのを想像した昔が。。。
現実は自分が羊で、瑞樹が狼なんだもんなあw

まあとにかく、瑞樹は更にたたみかけるのですね。

「タケルは僕の事 ずっと女の子でいてほしい?」ってね。
密着した体をどかすこともなく、頬を染めて切なげな(おそらく潤んだ)眼差しで。

そうして・・・

健全な青少年の
ガラスの
理性の
壊れる音が

・・・・

あぁなにやら祝福のラッパの音が聴こえてクルヨ~

「そうだよ」からくる形勢逆転。

「俺はお前が・・・」の後は多分、「好き」って言葉(告白)なんだろうけど、
おあずけになっちゃいましたね。
でも、言葉より、理性がもうぶっとんじゃってるから、「もう知るか!」からのマウント&キスカウンターwwwwww

みてるこっちのほうがはずかしい。ちゅらい。
ふたりともかわいくてちゅらい(笑)

だって、ことさら丁寧なんだものーw
二人のキスシーンが・・・
あれ、3コマ目はぜったいはいってるよね。

最初と1コマ目は明らかに唇付けただけだけど、2コマ目でちょっと息継ぎしたときに瑞樹が声出したら、
更に興奮して(笑)本格的にいったよねw
杉戸先生に妄信していきたい。一生ついていきたい(笑)

しかも、なに。
前より肉がついてきてるですって?

どんだけ猛は触診してたのよw

とにかく、なんてめでたい
つ お赤飯

え、更に脚開こうとしてるの?w
ちょ、青少年wwwwwwwwwwwwwwww

流石に瑞樹は焦って、「男の子だからやめて」みたいなこと言うんだけど、流されちゃうんだな。

自分から散々誘って煽ってきたくせに。
ここで止めたら、猛が被害者すぎるw

でも、猛が瑞樹の、ちょっと見せた怯えや理性?を唇を塞ぐことで押さえちゃったんですね。

もう二人ともなし崩し、はじめての体験に夢中になっちゃってますね。

いいですね、猛×瑞樹で、こういうのが見たかったのです!!!
いや~~~ぷまいぷまい!


ここで猛のいう「瑞樹が男だとか女だとかそんなのどうでもよくなってきた」は、別にホモ発言(orバイセクシャル宣言)じゃないと思うのですよ。

要するに今まで猛は瑞樹を、かれのために親友(男)として接しなければと思う一方で、女性として惹かれていたため、そのせめぎ合いに悩んでいたのです。

だけど、ここに到った今では、ここ=女体の瑞樹とセックスです(これが肝心)、そんなせめぎ合いはどうでもいい、悩みは理性とともに放棄しちゃえってことなんですね。
性の相手はあくまでも女の瑞樹なんです。

で、まあここでお約束のパパ登場なんですが・・・
なにこの蜘蛛男w
こわあああw
とくに目がwww

まあ当然のごとく、猛と瑞樹のエチィはここで一旦?しゅ~~~りょ~~~~になるのでしょうがw


さ~~て
次回はどうなるのでしょうね?w

大修羅場が描かれるか、それともパパに制裁されて怪我だらけの猛と、昨日の夜のことを全く覚えていない瑞樹かな。
あとは、なんとなく自分の痴態を覚えていて赤面の夢子、ニヤニヤのロキとか、そういうのが想像できますw

あと、前回一文字パパの背中が出てましたが、海のますらおすぐるwwwwwwwwwwww
なんか鈴白パパと仲悪そうw
気取ってていけすかねえ!とかねw

次回は、何事も無かったかのように、あっさりと海に繰り出す面々が見られるような気がしなくもないですが、今回の最大のポイントって瑞樹の問いかけとそれに対する猛の答えだったんですよね。

つまり、以前も推測しましたけど、瑞樹が猛に女体化を認めてもらえさえすれば両想いになれる(同時に悩みも解決)、そのための切っ掛けですね。

でも、瑞樹が記憶していないってことになったら、残念ながら、その進んだ展開はなさそうな。。。

一方で、出遅れ感ぱない夢子さんの「進撃の夢子」的な梃入れが始まるんじゃないかと。。。

とりあえず、瑞樹の水着姿が楽しみであります。
あと猛のナイス筋肉&海の男ぶりも猛烈に拝みたいであります、むしろ私にとってはこっちが本命(笑)

あぁ兄貴好きなわけじゃなくて、引き締まった男性の体がステキだなって憧れてるだけです、ハイ。


次回もとっても楽しみです。
わくてか♪
 
Category : ボクガール
Posted by 染衣よしの on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。