FC2ブログ

CaramelAntique |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 染衣よしの on  | 

ボクガール「ボクの二つの想い」

拍手をありがとうございます!

急ですが、明日から一週間ほど入院する予定です。
ただし、経過次第で延長する場合もあり、来週のボクガールのレビュー更新が遅くなるかもしれませんので、一応ご報告まで。

では続きから今週のYJのボクガールのレビューです。
猛×瑞樹♀好きな管理人による萌え語りですので、そういうのがお嫌いな方は閲覧を御遠慮ください。
ご気分を害しても責任は取れませんので。。
 
 

 
  
 
 
瑞樹に抱きつかれても意外に冷静だった猛さん(笑)


これが夢子(女の子)相手だったら、猛も何事かと、もう少しドキドキした反応をしたんじゃないかと邪推(笑)
というのも、男同士でこういうスキンシップ?ってあんまり無いと思いますから、こんなふうに戸惑ってしまうのが普通なのかもしれませんけどね。(女性同士でもそうかな)

つまり、何となく、女の子(異性)相手の反応じゃないように思えて、私的には、ちょっと物足りなかった気がしたのは、ここだけのお話で(笑)


さて、今回も順を追って萌え語らせていただきます。


猛の胸から見上げる瑞樹の顔のあざとさときたらwww


でも、性格・行動含めて可愛いから許されるよねw
猛と瑞樹は体格差も全然違うから、腕の中にすっぽり入っちゃって、ほんと可愛いよなあ。

そういえばまだ、猛が瑞樹を抱きしめるっていうシチュは見たことないから、その時が楽しみだなあ、ニヤニヤ♪
ハグそのものは、瑞樹が先制してくれましたけどね(笑)


とにかく、猛の呼びかけに、ふと我に返った瑞樹は、慌てて謝りながら身を離すのですが、そんなかれに対して猛は冷静にその理由を尋ねます。

瑞樹の答え↓
「僕・・・自分でもどうなってるのか分からなくて、いつもだったらこんな事考えないのに」
「藤原さんと仲良くしてるお前見てると何か凄く悲しくなって」
「嫌な事も考えちゃったんだ・・・」


猛の返答↓
藤原がマジでオレに惚れてるってお前はそう思っちゃってたわけだな!だったらそんなモンは・・・」


違うでしょw


瑞樹が未だ猛への気持ちを自覚していないせいもあるけど、このコがこんな風に悲しくなったり、嫌な気持ちになったりしたのは、猛が自分でなく夢子を選ぶ(可能性)を考えたからじゃないの?

猛が解釈した、夢子が自分に惚れてる=仲良くしてるように見えた、じゃないんだよ。
夢子じゃなくて、猛が、なんだよ。
(「オレってイカしてるから」って台詞からも、この誤解が推測できる。そして、関係ないけど、「イケてる」でなくて「イカしてる」って言い方なのが彼らしいw)

まあ言いかえれば、こういう解釈をしたってことは、猛としては夢子に対する態度は、とくに特別なものにしているつもりは無いってことも分かるんですけどね。(今のところは)
後ろ暗い想い(下心)があれば、こんな屈託の無い反応はしませんよね。

しかも、あくまで猛は、瑞樹→夢子であることを前提に思考してるんです。
瑞樹の自分への気持ちが恋愛にシフトしつつあるなんて、思いもよらないのでしょう。
(だからこそ、早いとこ好きだって言ってやってよって思うw)

もし、瑞樹=女性と疑い始めた夢子がこれを聞いたら、「もしかして、鈴白君て一文字君のこと・・?」なんて、気付いたんじゃないかな。気付くっていうか、そういう可能性に思い当たっちゃうんです。
女性って口にしなくても相手に察して欲しいところがありますし、相手の空気も読んじゃいますからね。
逆に男の人って、はっきり言ってもらえないと分からないとこありますよね。
もちろん、それぞれの傾向は、男女ともに全員そうだとは限りませんが。

とにかく、猛の返答をまともに聞いているのか聞いていないのか、憂い顔で考え込む様子の瑞樹。
次のリアクションの通り、自分の行為について反省中だったのだと思いますけど、猛にしてみれば、そんなのは分からないから、ただただ、瑞樹の憂い顔を見て、更に切ない顔してみせるんですよねえw

「ああ、本当にこいつは藤原のことが好きで、だからこんなに落ち込んでるんだな」って。
そんなふうに思ったんじゃないの?
自分の解釈を否定されなきゃ、余計そう思うでしょう。

でもそれって誤解なんだよw
多分・・・

でも、ここでは弁明されることはなかったから、猛は自分が、瑞樹を哀しませたり、追い詰めちゃったことにショックを受けて、あんな顔をしたんじゃないかな。
もっと言うと、あくまで藤原に向く瑞樹の矢印(現実)に対して、ショックを受けたともいう。
自分の思い通りにはならないからね、他人(ひと)の心は・・・


そんなショック状態だったから、瑞樹にいきなり声かけられて、猛もびくっとして反応しましたね。
しかも、今度は予想外の斜め上の台詞もきましたしw

殴ってくれって!?
まあ、猛同様、「は??」って反応もしたくなる。

でもね、瑞樹がそういう言動に走る動機も分かるんですよ。
この子は良い子だから、結局自分一人がイライラしたために、空気を悪くした=迷惑かけちゃったって反省して、制裁というかけじめが欲しかったんでしょうね。悪いことをしたことに対する償いみたいなやつ。
そういう暴力込みだけれども、ある意味、潔い思考は父親ゆずりというか、その教育のせいなのかな?

いずれにせよ、一人で盛り上がっちゃってる瑞樹に対し、ギャラリーも喧嘩か?なんてざわめいちゃって、猛だってそりゃあ困るでしょうよ。

猛自身も言ってますが、彼は元々こんな事で怒って、人に手をあげるような狭量な男じゃないでしょう。
(ビルダー先輩や七太郎等の危険なセクハラ行為は別ですがw)

でも、瑞樹としては、猛にけじめを付けて貰えないと、気持ちが収まらない様子。
「だってそうでもしてくれないと 僕」なんてねえw
(とことん、猛に甘えてるともいうw)
シチュエーション違えば、襲ってくださいと言わんばかりの絵づらですけどねえw
それ見た猛も、つい胸が高鳴っちゃうんじゃないですか?

この猛のドクンとしたコマは、七太郎達の場面に移るので、引きで「瑞樹の泣き顔で考えを変えた!?」ぽく見えなくはないけど、まあ違うだろうなってなるのは、これまで猛が(読者に対して)積み重ねてきた人徳ゆえなんだろうなあと(笑)


さて、とり残されてた七太郎と夢子ですが、ようやく此処に来てこの組み合わせって感じですね。
ペンギン観賞も止めて、瑞樹を心配する夢子と、同意する七太郎ですが、
おまwwwそのソフトクリームwww
お腹こわすよ・・・w

夢子も対面で瑞樹が席を外すのを見てたのかな。
多分、それをすぐに猛が追ったので、事情は分からないけど、仲の良い二人の事だし、猛がついててくれれば大丈夫かな?ってね。

でも、七太郎にしてみれば、夢子のその猛への信頼感は、少し不思議に思えたんじゃないかな。
次の台詞でも、夢子の前で堂々と、彼女を置いて行ってしまった猛を非難してますしね。
いや、お前もすぐに瑞樹を追いかけなかっただろう・・・・w

と、ツッコみたくなる気持ちを抑えつつ(笑)、「私がいなければどうするつもりだったのか」って台詞に、まあ一応、自分も瑞樹に付いていっちゃったら、夢子(レディ)が一人になってしまうっていう配慮だったのかなって。良いように取ればだけどw

とにかく、猛を非難されて、きっぱりと反論する夢子。
(猛の置いていき方にもよるけど、好きな相手だけに、やっぱり夢子は多少なりとも寂しかったと思います。七太郎に改めて指摘されちゃって「!」ってなって、彼の優しさゆえだから仕方ないんだって自分を納得させてるようにも思えます)

オリエンやユメユメの時もそうだったけど、彼女は猛と瑞樹が仲良いことがデフォルトで、そんな二人の友情に憧れたり見守ったりするのが好きなんだろうな。
それでいて、瑞樹をほっとけない優しい猛のことが好きなんでしょうね。

そんな思わせぶりな台詞を吐いちゃったもんだから、意外に敏い七太郎に気持ちを見抜かれる夢子。
慌ててごまかすんだけど、逆にしっかり諭されちゃったね(笑)

「本当に好きなものなら恥かしがっていてはダメだぞ!」って。

あの奇矯で奇抜な七太郎ごときにwwwwww

って思っちゃうんだけど、自分の気持ちに正直で、他人の視線や意見=恥も外聞も気にしないタイプなだけに、妙な自信と迫力を感じるんですよねえw

しかも、好きな気持ちを誤魔化さずにストレートにいかないと、相手にとって無礼じゃないか(意訳)なんてね

これ、猛の「好きなら好きって言ってやらないと、相手が可哀想だろ」って台詞と似てますよね。

まっっっったく違うタイプのくせに、猛と七太郎の信条が一緒なのに驚き。
ただ、二人とも他人の目を気にするタイプじゃない=自分に自信を持ってると思うし(七太郎の方が、良識派の猛より断然、振りきってるけどw)、好き嫌いははっきりさせるってスタンスが共通してるってことかしらん。
ただ、七太郎のは自分のため、猛のは相手のためって感じかな。
七太郎の場合は、とにかく素の自分を相手に受け入れてもらいたい!ってやつだから。

とにかく、好きなら全力で愛情表現をするものだと、なぜか脱いで(しかも婦人下着着用済みwww)その猛る思いを夢子の前でも誇示する七太郎。

夢子の前で脱ぐ必要があるのかと小一時間・・・w
(単に大勢のギャラリーの前で脱ぎたかっただけなんじゃないのw)

でも、彼なりに身をもって示したんでしょうね。
自分の生き方に誇りを持ってることを。すごい自信家だねw

ただ、自分の本性を隠して相手に受け入れられても、そんなものはまやかしだって、言ってること自体は割と的を得てるんじゃないかなと。

実際、相手に良く見られたくて、本当の自分を隠して、精一杯背伸びをしたり無理をしたりするのは、後々、大きな負担やストレスになることが多いので、自分のためにも良くないと思います。
そもそも、無理というものは絶対、続けられないものなのですから。(身体に無理を強いたら、どうなるかが端的な例)
結婚した後に、相手に「騙された!」なんて思われないためにも、ちゃんとお付き合いの段階で、本来の自分を理解してもらうことが、相手への誠意であり、大事なことだと思います。長所短所含めて。

かといって、全部、何から何まで晒す必要は無いと思うんですけどねw
人間、知らなくて良い事もあると思うからです。お互いのために。(今後の付き合いに対して、影響の無い事に限りますが)

私自身はそういうスタンスですので、七太郎の意見には割と頷けるのですが、私の常識的には彼はアブノーマル過ぎるので(爆)、あんまり地でいきすぎると瑞樹だって引いちゃうよ~~って思うのですよw
夢子だって、めっちゃ引いてるしねw

(それでも七太郎が瑞樹を欲するなら、瑞樹好みに”無理のない、自分の納得できる範囲で”、自己を常人寄りに変えることだと思います)

そうやって散々説教した後、七太郎は夢子に、猛のことが好きならもっとアプローチしろと唆します。
もちろん、恋のライバルとして猛が邪魔だからに他なりません。

私、好きですよ、こういう恋愛成就のための作戦ってやつw
七太郎にしてみれば、瑞樹との仲を邪魔する猛を排除したい、夢子は猛が好き、じゃあそっちはそっちで、くっついちゃってくれたまいよ、そしたら猛もこっちに構ってこないだろうから!ってことでしょ。
お互いハッピーハッピーじゃないですか、七太郎と夢子にしてみれば。
まあうまくいけば、共闘関係ができるわけですよね。

恋愛成就のためにモラルを無視して何でもしていいとは決して思いませんけど、この位なら全然許容範囲です。
むしろ、目的と行動がはっきりして迷いのない七太郎が、ある意味うらやましいですね。
猛と瑞樹は膠着状態になっちゃってますから・・・

さて、ここで豪快に夢子の前で瑞樹を愛してる宣言までしちゃった七太郎。
(でも、瑞樹を堂々と愛してると言いきった彼は、確かに輝いてました!)

そりゃあ夢子にしてみればびっくりだよね。青ざめるよねw
BL・・・・?だもんねw

でも、ここでナチュラルに驚き返して、瑞樹=女の子だと暴露してしまう七太郎w
展開はええええw

ああでも面白いぞ。これはとても面白い展開だぞ。
ロキの気持ちも分かる気がする・・・w


さて、場面も変わりまして、再び猛と瑞樹の一幕へ。
猛の拳が意味深に突き出されるコマの後、瑞樹のぷにほっぺをプニプニひっぱる攻撃にww
ほっぺたつねられた変顔でも可愛いな、瑞樹はw

からかわれて反発する瑞樹だけど、猛は懐広いなあw
「まあお前が悩んでる事は大体想像がつくけどよ(でも根本の解釈は違ってると思うw)
俺がそんなちっちぇー事で人を殴るわけ無ぇだろ」だもんねえ

猛ってほんとに度量が広いし、瑞樹が大切なんだろうなあ。
瑞樹を責めたり批判したりしないもんなあ。
瑞樹が良い奴って分かってるし、信頼してるから、より広い心にもなれるんじゃないかなあ。
(七太郎相手とか決して容赦しないからねw)
そんな二人を見守りたくなる夢子の気持ちもわかるってものですよ。

だけど、ここで瑞樹が、女扱いしてるのかと言い返すんです。
お陰で猛に、その点だけは、がっつり怒られましたけどね(笑)

多分、どうしようもねぇ事=犯罪とかモラルに反したことを瑞樹がするようであれば、彼は思い切りぶん殴って瑞樹を諌めるのでしょうが、今はそんな時じゃない=猛の許容範囲を全く超えない程度のことなんです。
男だから女だからってそういう問題じゃないのでしょう。
(でも、惚れた女を苛めたくないっていう気持ちは少なからずあると思うなぁ)

立派な志ですねえ。良い友達ですよ。
ただ、「お前は俺の・・・ダチだからな」の台詞がちと切ないよw
あれ、自分自身にも言い聞かせてるんだと思う。

そうやってカッコイイこと言うからw
またまた瑞樹がドキっとしちゃうんじゃないのw

瑞樹は元々、男性のときから「男らしさ」に憧れてるから、猛の正にその「男らしい態度」にキュンキュンしちゃうんじゃないかな。言うなれば、男らしさが瑞樹の萌えツボ=愛情バロメータと思われる。
(逆に、元々女性的な所もあったから、夢子の「女らしさ」にも憧れてたともいえないかな。男女の視点で、身近に萌えツボが両方ともいたって話ですねw)

しかも、ここにきてやっと自覚したみたいですね。
夢子に対する気持ちと同じなんじゃないかって。


とりあえず、四人合流して仲直りして、展望台を見学する一行。
窓の外で丁度日が沈みかけていますから、夕焼けの素敵な景色みたいですね。

水族館と併設を考えると、HARUKURA SKYTOWNは浅草のスカイツリーがモデルなのかな。
後者の展望台は超混んでて、並ぶ気が失せて行かなかったんですけど、今もまだ混んでるのかな。

七太郎と猛が500円クジを引いたのか、運の良い?七太郎は巨大ぬいぐるみをゲットw
女神って言ってるけど、あれメスなんだ・・・w
対して、猛はラッコのぬいぐるみをゲット。

そして、ぬいぐるみなら瑞樹にあげようっていう、ストレートな思考が良いですね。
瑞樹がぬいぐるみ好きなの知ってたしね。
(前々回でフィギュアageぬいぐるみsageしちゃったけど、悪気は無かったと思うしw)

隣りの夢子(女の子)じゃなくて、瑞樹にあげるのが良いんですよね。
そりゃあ夢子がフィギュア好きなの知ってるけど、可愛いね!って彼女は言ってくれたんですよ?
でも、猛は瑞樹のことしか頭に浮ばなかったんだろうね。
夢子に一度も伺うこともなく、さっくりと瑞樹に手渡してるし。

瑞樹は受け取りを恥かしがるのですが、やっぱり嬉しかったんでしょうね。
「ありがとう、大切にするよ!」って。
ぬいぐるみをぎゅっと抱きしめて、極上の笑顔ですよ。

このコ、気付いてるのかなあ・・・
そういう極上の笑顔は猛にしか見せてないって。

とにかく、今日一日、嫉妬しまくって疲れちゃってたココロに、一種の精神安定剤になったんじゃないかな。
一発ですごい効き目だったと思うけど。
瑞樹にしてみれば、猛を異性として好きになって初めてプレゼントしてもらったものですからね。
きっと大切な思い出の品になることでしょう。

一方、そんな様子を見て、夢子は瑞樹が女性である可能性について考え始めています。
そして、待て次号、ですね。


いやあ~~~
楽しみになってきましたね!



一気に女バレすることなく、夢子がジワジワと疑い、瑞樹への気持ちを変化させていく過程が、ものすごく楽しそうです!
しかも、七太郎にも発破かけられましたから、瑞樹が女の子だと分かったら、一気に恋のライバル化すると思うのですよ。

そりゃあ性格の良い娘ですし、意地悪とかしないで、色々協力してくれる立場になると思うんですけど、七太郎に語ってたみたいに、仲良しな親友同士を見守り萌え~vなんて悠長なこと言ってられなくなると思いますよ。
あんなこと言ってられたのは、二人が男性同士だったからなんですから。

そうでなく、もし瑞樹が女の子で、あんなに猛がかまいまくるのであれば、見ている分、心穏やかでいられなくなるし、猛も本当は秘密を知っていて、だからあんなに・・・なんて思えば、もっと苦しい気持ちになるでしょう。

今後の夢子の心情の変化と女バレまでの過程が見ものですし、猛への積極的なアプローチがあれば脅威的なものになりそうですね(笑)
猛に差し入れアタックとかするんじゃないですか、そのうち。


Wデート編はこれで終わりですかね。
期待してた、水びたしエッチイベントは無かったんですが(笑)、瑞樹が恋心を自覚?したことはファンとして大きな収穫でありました!
あと、何か今編通して物足りないな~~と思っていたのは、猛→瑞樹のドキドキイベントが、あんまり無かったからですね。(私的に)

今回クローズアップされたのは、猛→夢子(夢子+七太郎)でしたから、尺的な意味でも(笑)
(ベースに瑞樹→猛の物語がありましたけどね)


とりあえず、瑞樹はラッコと一緒に寝るんでしょうねw
あと、恋心を自覚したもんだから、もし次に一人エッチがあるとすれば、そろそろ猛さんを脳内に登場させてもらいたいもんです・・・(何
ほら、抱き付いて彼の胸囲や体格も改めて知った事だしw

にしても、猛と瑞樹は部屋を交換したわけだけど、勉強(宿題)とかどうしてるんだろ。
机だの教科書だのはそれぞれ移動してないっぽいし、まあ、コマの外でやってるのかもしれないけど。
洋服とか下着とか、身の回りものもとかもね。
七太郎と一緒の部屋に置いておくと女性ものの下着に差し替えられそうだけど・・w

季節も夏ですし、瑞樹の開放的な姿が見たいですよw
皆でプールか、海イベントこないかなあ。
猛の泳ぎ達者なの見たい。
その時には瑞樹に女物の水着を心おきなく着て貰いたいので、夢子にもばれてるといい・・・

今回も長々とすみません。
最後までお読みくださってありがとうございました!


来週からの新展開がとっても楽しみです♪
わくてか。
 
Category : ボクガール
Posted by 染衣よしの on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。