FC2ブログ

CaramelAntique |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 染衣よしの on  | 

ボクガール「ボクの好きな人」

拍手をありがとうございます!

今週は銀魂ボクガールに、私的に楽しみな展開で幸せです。

そういえば銀時と月詠のフィギュアを予約しました。
中々お高い買い物ですし、飾れる場所が無いんですが(爆)
これはもう夫婦セットとして買わねばならぬという天啓がひらめきまして(ぇ

では続きから今週のYJのボクガールの感想です。
猛×瑞樹♀のCPをPushしてる管理人による萌え語りですので、
そういうのがお嫌いな方は閲覧をご遠慮ください。ご気分を害しても責任は取れません。
 

 
 
 
猛が良い男すぎてツライ


と冒頭で言いつつも、藤原さんのヒーローっぷりに私個人としては半分もってかれた感じ(笑)
美少女ヒーローなら、正にどこぞの月戦士のように自前のセーラー服を使うことだってできたわけですが
(同校ってバレるがw)まさかのハイレグ・レオタード

圧倒的きょぬう+ブラ姿を更衣室で疲労してたと思いきや、まさかの!!
いやあ、ほんとにスタイルいいですね!

藤原は猛と瑞樹の友情に憧れてるし、セットで好きなんじゃないかな。
二人が仲良くしてる描写をたびたび微笑ましそうに見てましたからね。
異性としては猛のが好みだと思うんですけど。
(なんかこの分だと、猛と瑞樹のCPが成立したら、真実を知ること込みでスンナリ応援してくれそうです)

だから、ロキの入れ知恵とはいえ、ああも突飛なやり方をしたわけで。
もちろん、憧れのヒーローに扮するという変身願望と、人を助けるという高揚感があったかもしれませんが、
まあ普通はやらない(笑)

おかげで、本命の猛にはかなり面食らった反応をされてしまって、藤原も赤面ダッシュで逃げざるをえなかったけれど、その後、彼女の知らないところで誤解?はそれなりに解けて、猛の評価も一応、「良い奴だな」と上がる結果に。
それも、藤原の目的をすぐに見抜いた瑞樹のフォローがあってこそだと思います。

この三角関係はうまくできてますね。すばらすぃと思います。

案外、この件をきっかけに猛と藤原の距離も、今までより近くなったりしてね。

次回、二人が会う時は、藤原はまともに彼の顔を見れないくらい、羞恥心で穴があったら入りたい状態でしょうけれど、猛は元々懐も広いですし、彼女を友達思いの良い女と認め、かつ、欠点のなさそうな美少女の意外さを好ましく思ってくれるかもしれません。
だから、藤原的には悪くなかったイベントだったと私は思います。
超恥ずかしいけど。

一方、藤原を奇行wに走らせてしまった原因である、猛と瑞樹のぎこちなさですが(ウィーンガシャンガシャンと機械のようw)、今話で一旦、三角関係は猛告白前の拮抗状態に戻された感じですね。

瑞樹は、藤原への真剣な想いと、男性に戻りたいという心からの叫び、異分子になっていく自分への戸惑い、そんな自分に対する親友への不安など、今、自分が自覚できている範囲での感情を、あの場で全て吐き出していたと思います。

それらを、猛は汲み取って、自分の恋心を(一旦)封じたんですね。

猛は、不安でたまらない瑞樹を、また抱きしめてあげたい衝動に駆られたのだと思います。
好きな相手にそんな風に弱いところを見せられたらね、優しく慰めてあげたくなりますよ。
だから、猛の手はぴくりと動いた。おそらくごく自然に。

しかし、やはり瑞樹が男性に戻りたいという強い望みを改めて知って、親友の立場で彼を見守ろうと決意し、女の子を慰めるような行為は止めたのでしょう。

やさしくて本当に良い男ですねえ。
この辺りの猛の表情の変遷が秀逸だと思います。

「僕は藤原さんが好き」
→片思いを認識させられた複雑な表情

「お前ともう友達になれない気がして怖いよ・・・」
→瑞樹が自分との友情を失うことを恐れている事に対し、胸を突き動かされたような表情

「僕 元に戻りたい」
→それでも、やはり瑞樹は「友人」を望んでいることを改めて思い知る

手を握るのをやめて
→自分の気持ちより、瑞樹の気持ちを優先しようと決心した様子

その後の言動も、ずっと瑞樹を安心させるようなフォローをしてますよね。
ほんとうに懐の広い優しい男ですねえ~

そして、瑞樹が一番言ってほしかった言葉を、迷い無く、腹心もなく言ってくれたのだと思いますよ。
「俺だけはお前がどんなに変わっても信じてやるから」って。

瑞樹が男性に戻っても、女性化を受け入れても、友達でいるよ、ということでしょう。

まあ、これ、男性が女性に言ったら、普通に愛の告白だと思いますけどね・・・・
だから、男性としての瑞樹には友情、女性としての瑞樹には愛情を示してくれてるように思います。

けれど、これで猛の瑞樹へ芽生えた恋情が変わることはないでしょう。

これからも、瑞樹の気持ちを尊重して、女性に対するようなアプローチは避け、自分に理性を働かせるための努力をするでしょうが、禁忌(タブー)って耐えれば耐えるほど、盛り上がっちゃうものなんですよねえ(苦笑)

だから、猛は瑞樹が女性でいる限り、異性として想い続けると思います。
陰日なたで、好きな女を守り続けると思います。

ただし、瑞樹が男性に戻った時は、親友に戻ろうとするんじゃないのかなと思いました。
元々、猛が瑞樹に惚れたのは、運命のいたずら、女体化したからこそなのですから。

前回で猛は自分が実は男性も好きになれる(彼の言い方だと)変態かもしれないといっていましたが、
私は、猛は瑞樹が女性化したから恋愛感情を抱いたのであり、男性だった時代はあくまでも友情だったと思っています。

みんな瑞樹のフェロモンが悪いのですw


なにやら、後の話に色々影響が出てきそうなフラグが立ちまくってるような今話ですが、その中でも一番デカイのが、猛の言葉に瑞樹がときめいたことでしょう。

だって、一番ほしかった言葉をくれたんです。
不安定な心を支え、友人としてあり続けることを明言してくれたのですから。
それはそれは嬉しかったでしょう。

でも、それだけじゃないように思います。
猛の男気に、乙女心が反応したのではないでしょうか。

女は頼れる男が好きなんです。
経済的にも肉体的にも。
もちろん、それが一般的とはいいません。
経済的にも肉体的にも、男に頼りたいと思わない女性もいるでしょう。

でも、テラフォーマーの、女に直感的に孕ませられると畏怖させる位、強烈な男性フェロモンを出してるジョゼフじゃないですけど、いい男には女をひきつける、独特のオーラやフェロモンが出てると思います。
本能的な意味で。
男女逆も、またいえると思いますが。

私は、このときめきは瑞樹♀にとっては貴重な一歩(笑)だったと思ってますし、これを切っ掛けに、瑞樹の気持ちが猛に徐々に傾いていけばいいと思ってます。
(杉戸先生、見せ方お上手だと思いますよ、ほんと)

ただ、猛の方が瑞樹に配慮して、線引きしてしまいましたので、思うようにいかないもだもだ状態は暫く続くのでしょうね(笑)。
そして、藤原の立ち位置がどうなるかですね。

最後に、猛の背中にひっついてたロキが可愛かったですw
藤原をそそのかしたのは外道だと思ったけどw

猛に懐いてるかんじがしますね。
まあ神様であるロキにとっては人間なんて取るに足らないものなんでしょうけど、猛のことは甘える対象として認識してそうですw

まあ、あの広くてがっしりした背中見ると、ひっつきたくなる気持ちは分かりますけどね(笑)

ではでは
来週もとっても楽しみです。
わくてか。
 
Category : ボクガール
Posted by 染衣よしの on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。